酸洗いの目的とは

知っておきたい酸洗いの基礎

皆さんは酸洗い(酸洗処理)がどのようなものかご存知でしょうか? 酸洗いとは金属製品を酸性の液体(良く使われるものは硫酸や塩酸)に漬けることで、金属製品の加工の際に表面に付着してしまったサビなどを取り除くための洗浄方法のことです。この作業を行うことで、素材を綺麗にしたり、研磨時間の短縮が見込めたりします。もしも酸洗いを行わなかった場合、メッキ加工であればうまくメッキが定着しませんし、特にチタンは酸洗いを行ってから研磨作業を行わないと良い光沢が生まれないです。酸洗いとは、金属の表面を加工する場合に欠かせない工程となっているのです。ちなみに電解研磨などの金属処理に比べ、コストが低いというメリットがあります。

酸洗いは誰にでも出来る?

金属加工に欠かせない酸洗いですが、気を付けてなければならない点がいくつかあります。
まず、酸洗い後の排水処理に関してです。酸洗い後の排水処理はきちんとしなければなりません。なぜならば、酸洗い後の排水には様々な危険物質が含まれているからです。そもそも使用する液体は酸性の強い液体ですし、使用後の液体には溶けた金属も含まれています。一般の方が完ぺきに処理するのは困難ですし、だからと言って何の処理も施さずに、そのまま下水に流すと環境への影響は計り知れません。また液体が金属と反応して、有害な気体を発生することもあります。
酸洗いには、きちんとした設備、知識、技術が必要になります。誰にでも出来るものではないと理解し、しかるべき専門家に任せることをお勧めします。

塗装剥離とは、専用の薬品を使ったりバフなどを使って表面を研磨をしたりして金属の塗装を剥がす作業のことです。