酸洗いは光沢が苦手

酸洗いの特徴について

酸洗いとは仕上げ処理ですが光沢を得ることは困難です。なぜならば、酸性の液体が金属を溶かすという性質を使いますので、表面がくもってしまう傾向があります。そのかわりに、角を丸めたりバリを除去する効果や表面の粗さをよくしたり防錆効果をもたらします。液体に製品をつけるだけのシンプルな工程ですので初期投資がリーズナブルですし、大量生産にも最適です。手や機械では対応できない製品でも液体が流れ込んでいきますので、不可能な部位での仕上げ処理が可能になります。また、大型部品に対しても、作業性の心配が不要ですし、大型機器を導入する必要もありません。精密部品に最適で、ミクロンオーダーでの精度の高い寸法の実現やバリなどの異物の脱落による不具合を防止します。

酸洗いの注意点について

酸洗いの注意点は、前工程の管理が重要です。金属を溶かす性質はありますが、数ミクロンの変化しか与えることができません。よって、前工程での表面粗さや寸法やバリの大きさと処理時間と酸性の液体の種類を最適化する必要があります。これは、試行錯誤により導き出すしかなく、それで得られた前工程の品質を維持しなければ安定しません。また、酸性の液体につけすぎると表面が白っぽくなり、光沢とは程遠い品質になるため注意が必要です。安全面では、酸性の液体が人に触れるとやけどの症状をもたらしたり、臭気で気分を害してしまいます。また、環境面では正しく処分しないと土壌汚染や水質汚染を招き企業イメージが低下してしまいます。マニュアルでの徹底がポイントです。

金属の表面で、リン酸イオンと亜鉛イオンを化学反応させ、金属の表面をリン酸亜鉛結晶の被膜で覆う処理をリン酸処理といい、金属表面に傷がついても、錆が広がらないようにするための処理です。