酸洗いの作業内容

酸洗いとは?その魅力は?

酸洗いとは金属製品の表面処理に用いられるものです。金属類の表面には酸化物が皮膜のようになって付きやすいのですが、この汚れともいうべきものを強い酸性の液体に漬け込むことにより短時間で除去できます。
表面の汚れとはどんなものでしょう?金属加工で行われる熱処理、ロウ付け、溶接などで生じる不導体被膜や酸化被膜、また錆やスケールなどがあります。
酸に漬けるだけなので必要となる人件費が少なく簡易な設備で低コストで済むことも魅力です。以前行われていた錆取り作業、研磨作業などの金属加工行程に比べ、酸洗いを施す金属加工は非常に経済的な金属加工と言えます。主な目的は金属の表面の洗浄ですが、表面の塗装やメッキなどを行う下地処理に行うと綺麗に仕上がります。

酸洗いで注意すべきことは?

便利で画期的な酸洗いですが、塩酸や硝酸などの劇薬を取り扱うため安全について考えていく必要があります。
金属によって酸洗いの種類と成分は違ってきます。専門的な知識が必要なのですが金属加工が効率よく出来るためのものだけではありません。その後の廃液処理も大切です。廃液には金属が溶け込んでいるのです。そのまま下水や川に流すことをせずに排水処理をきちんと行う必要があります。有害な亜硝酸ガスなどが発生する場合に備え廃気設備も必要となるのです。どのような危険が生じるのか、正しい認識を持ち、細心の注意を持って作業を行う必要があります。また、酸は単体での成分が強い場合刺激臭が生じます。目眩や吐き気を防ぐためにマスクを、また規定に従って防護服なども着用しましょう。

熱処理された金属の表面にはスケールと呼ばれる酸化被膜があります。その皮膜を取り除くために塩酸や硫酸などの酸に漬ける処理のことを酸洗といいます