酸洗いに使用されている薬品

方法色々!酸洗いのあれこれ!

酸洗いをしよう、と思っても酸洗いをしたい理由は様々で、その用途に応じて適した方法があります。まず1つ目はひどい錆を落としたり、酸化被膜を取り除きたいといった場合です。この作業は主に金属などのメッキ加工をする際に行われるもので、金属を酸性の溶液に浸し表面の錆などを取り除くといった方法です。次に酸浸漬という方法があります。これは金属の表面に生じた酸化被膜、アルカリ被膜を取り除き金属の表面を活性化する作業です。他にはエッチングと呼ばれる方法です。これは金属などの表面に防食層という層を作り、その層を酸などで腐食させてそこを削り落とすという方法です。それぞれの目的に合った方法で酸洗いを行うことが大切です。

酸洗いに使われている薬品にはどんなものがあるの?

酸洗いをしたい素材によって、どの薬品を使用するかといったことも考える必要があります。主に酸洗いに使われる酸は塩酸、硫酸、フッ酸、硝酸などの種類があります。酸洗いをしたい金属の素材によっても使う薬品は様々で、例えばステンレスを酸洗いするときには一般的には塩酸、硫酸、さらにはフッ酸を混ぜ合わせて使用することが多いです。これは鏡面化を防ぐための処理で、長年経験を積んだ職人の方でないと配合は難しいようです。逆に鉄などの場合は硫酸、塩酸を単独で薄めて使うパターンが多く、その素材ごとの酸洗いの方法があります。薬品を使う量や濃度のみならず、温度にも影響を受けるため、こういった面も職人の方は苦労されるそうです。

金属表面処理とはメッキや塗装などのことで、耐摩耗性、潤滑性、耐食性、絶縁性などを高めるために施されます。