酸洗いの特徴とは

金属加工に欠かせない酸洗い

酸洗いとは、酸性溶液を用いて、金属の表面に付いている酸化物質を除去する洗浄処理方法のことです。主に金属に熱を加えて処理をした際に生じた焼けや、スケールと呼ばれる酸化被膜、さびなどを除去します。酸性溶液は、主に硫酸や塩酸が用いられます。酸洗いの目的としては、表面の付着物を取り除くことによって素材をきれいにしたり、そのことによって後の研磨作業の手間を省くということがあります。
金属にメッキ加工をするときには、酸洗いは必須です。なぜなら、酸洗いが十分でないとメッキがスケールやさびによって密着不良を引き起こすからです。また、チタンの研磨を行う際にも、スケールを取り除かないと磨いても光沢が出ないため、酸洗いの工程は必須です。

酸洗いの際に気を付けたいこと

酸洗いをする際には、金属の種類に合わせて、使う酸の種類や温度、濃度、時間などを正しく設定する必要性があります。なぜなら、酸洗いの効果が出なかったり、逆に金属の表面が溶けてしまう可能性があるからです。
また、硫酸や塩酸などの危険な液体を扱うため、様々な事故を防ぐため安全に配慮して使用する必要性があります。人体への危険を防ぐだけでなく、処理が終わった後の廃液には金属が混じっているため、そのまま捨てることのないよう排水処理を確実に行い、環境にも配慮をする必要があります。
さらに、酸洗いした後の金属製品は腐食しやすい状態になっています。そのため、錆の発生しやすい金属製品はすぐに防錆処理を行うことが重要です。